進め方  注意事項  魚の調査方法  カエルの調査方法  調査が終わったら

これから調査する田んぼや水路は、農家の人や役所の人たちが大切にしている場所です。
今回は特別に調査をしますが、普段は勝手に入ってはいけないところなので、ルールをきちんと守って行動してください。

  1.体調はよいですか?
どんなことでもそうですが、体調が悪いときには無理をしないことです。
注意力が散漫になり、ケガなどをしやすくなりますし、周りの人に迷惑をかけることになります。

  2.どんなものが必要か。

調査するところは田んぼや水路なので、まわりにコンビニなどがいつもあるとは限りません。
必要なものは事前にそろえていくようにしてください。
 帽子(これがないと日射病になりやすくなります。)
 長袖シャツ、長ズボン(半袖、半ズボンでは虫に刺されたり、草で切
  ったりするなど思わぬ事故に遭うかもしれません。)
 長靴(裸足で田んぼや水路にはいると思わぬケガをすることがあり
  ます。)
 雨具(カッパの方が動きやすいです。特に夏場は突然の雨に遭うこ
  とがよくあります。)
 飲み物、おやつ(特に夏場の調査はこまめに水分を取っておかない
  と脱水症状を起こすこともあります。)
 ばんそうこう、薬類(虫除け、虫さされの薬は必需品といえるでしょ
  う。)
 ゴミ袋(きたときよりもきれいにして帰るぐらいの心構えで。)
 タオル、筆記用具
その他、必要になりそうなものを用意してください。調査補助員や大人の人に相談するのもいいでしょう。



 


  3.調査地点では
@地域の人にあったら挨拶をしましょう。貴重なお話を聞かせてもらえ
  るかもしれません
A大きな水路・川に気をつけてください。夏場は特に水がたくさん
  流れていて、落ちたりすると
大変危険です。

  こちらは調査する必要がないので、最初から近づかないようにし
  ましょう。

B細い畦(あぜ)や田んぼの中に入らないこと。こわれて農家の人
  に迷惑がかかります。

Cゴミは必ず持ち帰りましょう。来たときよりも美しく!

▲PageTop

調査の目的  調査対象  調査の進め方  調査マニュアル  調査状況  一般調査隊の募集
社団法人 農村環境整備センター