■IV-4. 国営事業地区における学校ビオトープの計画

キーワード:ビオトープ、地域住民・学校関係者・業者等による合意形成

目的:
国営事業地区における土地改良財産(残地等)を国営事業と市町村や学校、PTA及び地域住民が巨力して「学校ビオトープ」を設置する計画の策定を行うものです。



●主たる事業内容

1.ビオトープ設置計画の策定
・年次工程の作成
・「学校ビオトープ」の提案
・現地調査計画の提案

2.現地調査の実施
・既存の学校ビオトープの現状調査
・現地調査結果の分析及び取りまとめ

3. 地域住民、地域行政等を組織したワークショップの開催
・ワークショップの意義
・ワークショップの組織化へのアドバイス
・ワークショップにおける検討内容と資料の作成
・ワークショップにおける合意形成と意見のとりまとめ


4.
ビオトープの計画策定  ビオトープ設置の留意点

・地域景観への配慮
・地域動植物(在来種)への配慮
・地域の自然環境ネットワークへの配慮
・地域農業及びその歴史文化への配慮


●地区事例
 

参考図:石川県七尾市徳田小学校の学校ビオトープ

地区名:   西蒲原
所在地:   新潟県西蒲原郡吉田町
工期:   平成11年度から平成12年度
概 要:   国営西蒲原農業水利事業において建設される「大通川放水路」の沿線にある、吉田町吉田北小学校に隣接して発生する残地を学校ビオトープとして設置することを提案しました。
平成11年度から12年度にかけて、3回の勉強会、3回のワークョップを経て、どのような学校ビオトープとするのか計画することにしています。

優良な学校ビオトープの一例。
地域住民と小学校の児童の手により造られている様子。
同校は第1回田んぼの学校企画コンテスト銀賞を
受賞している。








 
農村環境計画の策定 国営かんがい排水事業地区の環境保全計画の策定 田園空間整備計画の策定 住環境整備計画の策定
ダム周辺環境整備構想 地域用水環境整備計画の策定 水質保全対策計画の策定 愛される農道づくり構想の策定
歴史的土地改良施設保全計画の策定 自然環境保全整備計画の策定 環境影響評価 農道整備事業に係わる環境保全計画の策定
国営事業地区における学校ビオトープの計画 水環境整備の定量的効果把握 農業農村の多面的機能を活用した環境教育「田んぼの学校」 農村地域資源リサイクル環境整備検討調査